気になるほうれい線は注射治療で簡単に治せる

若々しい小顔に

ドクターとナース

伸びた肌を切除

ほうれい線とは、鼻の両脇から口の両端にかけて生じるしわです。頬には多くの皮下脂肪がついているのですが、ほうれい線はこれが垂れ下がることが原因となっています。皮下脂肪は、若いうちは肌によって押さえられているのですが、年をとるとその肌が、たるんで伸びてきます。伸びるとその分だけ、皮下脂肪は垂れ下がってくるのです。伸びた肌が原因ですから、ほうれい線はその肌を切除すれば、除去することができます。そして切除のためにおこなわれている整形手術が、フェイスリフトです。この整形手術は、伸びた肌を耳の後ろなど目立たない部分まで引っ張り上げ、そこで切り取ってから縫合するという方法でおこなわれています。衣服のウエストなどを、中のゴム紐を切って短くすることで締まりを良くすることと同じ要領です。この整形手術により肌が短くなれば、皮下脂肪は垂れ下がらなくなりますし、ほうれい線も目立たなくなるのです。さらに皮下脂肪のリフトアップによってフェイスラインがシャープになり、小顔効果も出てきます。

脂肪層や筋膜も一緒に

従来はフェイスリフトは、顔の肌のみを引っ張り上げるという方法でおこなわれていました。肌が引っ張り上げられることで、脂肪層や筋膜も一緒に持ち上げられていたのです。しかし、脂肪層や筋膜を無理に持ち上げることで、肌には多くの負担がかかります。それによって、再び伸びてほうれい線ができてしまうこともありました。そのため昨今ではフェイスリフトは、肌だけでなく脂肪層や筋膜も一緒に引っ張り上げるという方法でおこなわれるようになっています。これらをまとめて上方向へと引っ張り上げるため、脂肪層や筋膜が下に残ることはなく、肌がそれを持ち上げる必要もありません。つまり肌の負担が少なく、再び伸びてしまうリスクが少ないということです。さらにこの整形手術では、肌の切除も、脂肪層や筋膜と一緒におこなわれます。脂肪層や筋膜が少なくなるわけですから、それを支える肌の負担は一層少なめとなります。また、これらが物理的に顔からなくなることで、顔の面積がやや小さくなります。つまり、より高い小顔効果が期待できるわけです。

Copyright © 2016 気になるほうれい線は注射治療で簡単に治せる All Rights Reserved.