気になるほうれい線は注射治療で簡単に治せる

手軽なヒアルロン酸注入法

医者

注入法の特徴

年を取ると代謝が落ちて皮膚の組織がゆるみ、顔の表面に溝ができます。ほうれい線は頬の組織がたるんで内側に織り込まれてできる溝です。ほうれい線をなくすプチ整形に「ヒアルロン酸注入法」があります。溝の中にヒアルロン酸を注入して、溝のくぼみを埋めるようにすることで、表面をつるんとした若々しい肌にすることが出来ます。ヒアルロン酸注入法は、悩みに合わせてヒアルロン酸の種類、注入法、注入箇所を工夫することで満足度が高い仕上がりになります。ヒアルロン酸には沢山の種類があり、粒子の大きさが違うと硬さや持続力が違います。細かい粒子のヒアルロン酸は粘り気があって柔らかく、体内へ吸収されるスピードが早くなります。大きな粒子のヒアルロン酸は固さがあり、ゆっくり体内に吸収されます。ほうれい線を解消する目的であれば、粒子が小さく柔らかい素材のヒアルロン酸がお勧めです。また、一気にすべて注入するよりも、複数個所に分けて細かく注入したほうが綺麗に仕上がると言われています。

簡単に若返りができる

ヒアルロン酸注入法は、数ある若返り美容整形の中でも特に人気の高い施術です。人気の理由は沢山ありますが、一番大きいのがその手軽さです。注射器を使って、シワが気になる部分にヒアルロン酸を入れるだけです。麻酔クリームを塗って、カウンセリング後すぐに施術が出来ます。メスで顔を切開する美容整形には抵抗があるけれど、ヒアルロン酸注入法なら抵抗なくできるという人が多いようです。ヒアルロン酸は最終的に完全に体内に吸収されてなくなってしまう物質です。ヒアルロン酸は皮膚や関節や脳や眼球などに多く存在し、人間の体内にある水分を守っています。もともと体内に存在する物質を使うので、拒絶反応や後遺症などのリスクがないのもヒアルロン酸注入法のメリットの一つです。また、ほうれい線の溝をなくして膨らみを出すだけではなく、肌をきれいにする美肌効果もあります。ヒアルロン酸が効いている間は毛穴が引き締まり、肌がすべすべになります。若返り効果と美肌効果が同時に得られるお得なプチ整形です。

Copyright © 2016 気になるほうれい線は注射治療で簡単に治せる All Rights Reserved.