気になるほうれい線は注射治療で簡単に治せる

魅力的な笑顔を取り戻そう

笑顔の婦人

ほうれい線の整形手術で持続性を求めるなら、スプリングスレッドを使用した方法が効果的です。3年以上の持続性があり、強力なリフトアップ効果でほうれい線を改善してくれます。美容外科選びでは、ホームページなどを参考にし、実際のカウンセリングで真摯に対応してくれる医師を見つけることが大切です。

もっと見る

フェイスリフトの種類

ドクター

フェイスリフトはほうれい線などのシワやたるみをリフトアップする美容整形です。フェイスリフトといっても切開する位置や範囲が違えば効果も違ってきます。SMAS筋を切除するフェイスリフトなら、深いたるみもしっかりリフトアップ出来ます。

もっと見る

メリットが多い注射療法

鏡を見るウーマン

たった10分で溝が消える

ほうれい線を目立たなくする整形術はたくさんあります。それだけほうれい線に悩む女性が多いことの証拠と言えます。幅広いアプローチ方法から予算、好みに合うものを選べるので、選択肢の多さもほうれい線整形の魅力です。中でも特に人気が高いのは、メスを使用しない注射療法です。ほうれい線が気になる部分にヒアルロン酸をダイレクトに注入すると、たるんでいた皮膚が皮下から持ち上がってくるので、自然に溝が消えます。注入する時間は、たった10分程度です。点滴のように長時間針を刺しておく必要はありません。安全性も高く、日本ではすでに10年以上の歴史があります。もし注入後、仕上がりが気に入らない時はヒアルロン酸を分解する薬を注射することですぐに元に戻すことができます。プチ整形の代表的な治療法で、何CC打っても時間の経過と共に自然に体内に吸収されるので安心です。注射が苦手な方は痛みに対して不安を感じるかも知れませんが、無痛に近づける美容整形用の麻酔があるのでリラックスして施術を受けることができます。

ヒアルロン酸注射向きの人

ほうれい線整形成功の秘訣は、自分の希望に合ったアプローチ方法を選ぶことです。例えばヒアルロン酸注射療法が向いているのは、すぐにほうれい線をなくしたい方です。メスを使う本格的な整形術だとダウンタイムも長く、メイクをできるようになるまで日数がかかります。その間、学校、仕事を休まなくてはいけないこともあるので、中々手術を決行できないケースも少なくありません。その点、注射療法はほぼダウンタイムがありません。打つ量によっても注入時間は変わりますが、大体10分程かけて注入したあとはすぐにメイクも可能です。半年から8ヶ月ぐらいで体内に吸収されますから、半年に1回のペースを目安に注射するとほうれい線を気にせずに過ごすことができます。毎月高価な美容液を消費することを考えると、決して高い投資ではありません。美容液はいくら高くても効かない可能性がありますが、整形術は確実に気になる溝を埋めることができるのが魅力です。もともと体内に存在する成分なので、副作用やアレルギーの心配もなく、非常に人気のある整形術です。

手軽なヒアルロン酸注入法

医者

ヒアルロン酸注入法は、簡単な若返り系プチ整形として美容業界で普及しています。ほうれい線の深いシワを内側から持ち上げるだけで、見た目がぐっと若返ります。拒絶反応や後遺症のリスクもなく、安全性が高いプチ整形です。

もっと見る

頬のたるみを除去

笑う女性

ほうれい線は、肌や脂肪やむくみによる頬のたるみが原因となっています。原因が複数あるので、ほうれい線の除去治療は、原因にあわせておこなわれています。また、ヒアルロン酸やアクアミドジェルを注入するというプチ整形によっても、ほうれい線は目立ちにくくなります。手軽な上に即効性があるので、注目されています。

もっと見る

若々しい小顔に

ドクターとナース

ほうれい線は、加齢によって肌がたるんで伸び、頬の皮下脂肪が垂れ下がることで生じます。これは、肌を引っ張り上げて切り取るという整形手術で除去できます。昨今では肌だけでなく、脂肪層や筋膜も一緒に引っ張り上げ、切除するようになっています。これにより肌の負担は少なくなりますし、小顔効果も出てきます。

もっと見る

Copyright © 2016 気になるほうれい線は注射治療で簡単に治せる All Rights Reserved.